仮想通貨

仮想通貨ATOM(Cosmos/コスモス)とは?概要、将来性、買い方や運用方法を解説

CRYPTO

仮想通貨ATOM(Cosmos/コスモス)について知りたいです。概要・特徴・購入方法・運用方法について教えてください。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • ATOM(Cosmos/コスモス)の概要と特徴
  • ATOM(Cosmos/コスモス)の将来性
  • ATOM(Cosmos/コスモス)の購入方法
  • ATOM(Cosmos/コスモス)の運用方法

本記事の信頼性

The 勤務医:投資は仮想通貨と米国株にフルコミット。いろいろ調べて、仮想通貨ATOM(Cosmos/コスモス)をバイナンスで所有している。

仮想通貨ATOM(Cosmos/コスモス)の特徴や買い方、運用方法を知りたくないですか?

本記事では、ATOM(Cosmos/コスモス)について、筆者が保有に至った経緯を含めて網羅的にまとめています。

この記事を読むことで、ATOM(Cosmos/コスモス)を理解できて、安心して保有することができます。

なお、ATOMを入手するには国内取引所での暗号資産が必要になるので、取引手数料が安いビットバンクで購入しておきましょう。

>>ビットバンク(bitbank)で無料で口座開設<<

サブの国内取引所は、

>>ビットフライヤー(bitFlyer)

または

>>コインチェック(Coincheck)(口座開設と入金で2,500円が貰える、2022年6月30日まで)

ATOMは国内取引所では、GMO コインで購入可能です。

ATOM(Cosmos/コスモス)の概要と特徴

Cosmos/コスモスとは、Tendermint社という団体によって立ち上げられた、ブロックチェーンを相互に運用させるためのプロジェクト

Cosmosの基軸通貨がATOMで、Cosmosはプラットフォーム、ATOMが仮想通貨。

Cosmos(ATOM)のコンセンサスアルゴリズムはPoS(プルーフオブステーク)を使用しており、ブロック生成時間は1~3秒と高速。分散処理により、スケーラビリティ問題が解消する。

ステーキングが可能。

Cosmosは、「インターネット・オブ・ブロックチェーン(Internet of Blockchain)」というビジョンを掲げており、誰もがブロックチェーンを開発・利用できる未来の実現を目指している。

インターネット・オブ・ブロックチェーンとは、コスモスの技術により、互換性のないブロックチェーン同士を『Hab』を介して接続し、ある仮想通貨で他の仮想通貨の機能を活用し、利便性の高い社会を実現することができるようになる。

ATOM(Cosmos/コスモス)の特徴

1.『Cosmos SDK』によって、誰でもブロックチェーンを作ることが可能

Binance Chain(BNB)はCosmos SDKによって作られた。

2.ポルカドット(Polkadot、DOT)と接続が可能

コスモスとポルカドットは共通点が多く、相互接続可能で両者がクリプトを推進していく原動力となる。

名称Cosmos/コスモス
シンボルATOM
価格(2022年4月現在)¥2,991
時価総額(2022年4月現在)¥856,747,887,759
時価総額ランキング(2022年4月現在)23位
購入できる取引所BinanceBybitなど       
詳細ATOM公式サイト

ATOM(Cosmos/コスモス)の将来性

ATOM(Cosmos/コスモス)の価格動向から

ATOMは、2021年7月から急上昇しましたが、2022年に入ってFRBの金利上げ、QT縮小に伴って下がっています。BTCの動きにほぼ連動しています。

ATOMの将来性は以下のとおり。

  • 異なるブロックチェーンをつなげられるので需要が高い
  • スケーラビリティ問題が解消されているので利用しやすい
  • 流通量が少ないので希少性が高い
  • 海外大手取引所バイナンスの独自ブロックチェーンで使用されている

ATOMの注意点。

競合にパイを奪われること。イーサリアムのアップデートによるスケーラビリティ問題の解消・同じインターンオペラビリティの特性を持つポルカドットなど、似た競合通貨は結構あり。

ATOM(Cosmos/コスモス)の購入方法

ATOMは国内取引所では、GMO コインで購入可能です。

ただし、運用(主に定期ステーキング)を視野に入れると、BINANCEが良いかと。

筆者は、BINANCEをメインで使っています。以下のような理由で。

  • 100種類以上の銘柄がある
  • DeFiに対応
  • NFTも扱う
  • 手数料が安い
  • ステーキング、レンディング、ローンチパッド・プールなど運用方法が豊富

これから、仮想通貨を触っていくうえで、BINANCEは必須の取引所になります。早めの口座開設をおすすめします。

あわせて読みたい

ATOM(Cosmos/コスモス)の買い方のおすすめは、

手順③のBINANCEでXRPをATOMに変換するやり方は、

BINANCEのHomeの変換⇒振替元(XRP)、振替先(ATOM)で簡単にできます。

ATOM(Cosmos/コスモス)の運用方法

筆者は、BINANCEの定期ステーキングで運用しています。

BINANCEの定期ステーキング

ATOMは上昇ありと考えているのでガチホ&定期ステーキングでインカム&キャピタルゲイン狙いです。

2022年4月現在

  • 定期ステーキング60日、年利12.99%:29.200 ATOM
  • 定期ステーキング60日、年利12.99%:33.765 ATOM

まとめ:ATOM(Cosmos/コスモス)は有望なので保有の価値あり

仮想通貨ATOM(Cosmos/コスモス)とは?概要、将来性、買い方や運用方法を解説しました。

ATOM(Cosmos/コスモス)の購入と運用は、

でした。

国内取引所ランキング

1位:ビットバンク(bitbank)

bitbank

最安値取引、堅固なセキュリティー

  • 取引所の仮想通貨量多く、安い
  • XRPの取引量国内No.1
  • maker手数料は-0.02%

2位:ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer

ビットコイン取引量国内No.1

  • 仮想通貨取引量国内No.1
  • 1円からの積立投資が可能
  • 口座開設/維持費が0円

 

3位:コインチェック(Coincheck)

コインチェック

スマホアプリダウンロード数、ユーザー数が国内No.1

  • マネックスグループが運営
  • 取り扱い暗号資産国内最大級
  • 口座開設/維持費無料、初心者向け
  • この記事を書いた人

The 勤務医

勤務医×ブロガー。勤務医(外科医、産業医、弁護士法人顧問医)、仮想通貨、アメックス・マイル、副業を中心に発信します。

-仮想通貨