仮想通貨

仮想通貨AVAX(Avalanche/アバランチ)とは?概要、将来性、買い方や運用方法を解説

CRYPTO

仮想通貨AVAX(Avalanche/アバランチ)について知りたい!概要・特徴・購入方法・運用方法について教えてください。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • AVAX(Avalanche/アバランチ)の概要と特徴
  • AVAX(Avalanche/アバランチ)の将来性
  • AVAX(Avalanche/アバランチ)の購入方法
  • AVAX(Avalanche/アバランチ)の運用方法

本記事の信頼性

The 勤務医:投資は仮想通貨と米国株にフルコミット。いろいろ調べて、仮想通貨AVAX(Avalanche/アバランチ)をバイナンスで所有している。

仮想通貨AVAX(Avalanche/アバランチ)の特徴や買い方、運用方法を知りたくないですか?

本記事では、AVAX(Avalanche/アバランチ)について、筆者が保有に至った経緯を含めて網羅的にまとめています。

この記事を読むことで、AVAX(Avalanche/アバランチ)を理解できて、安心して保有することができます。

なお、AVAXを入手するには国内取引所での暗号資産が必要になるので、取引手数料が安いビットバンクで購入しておきましょう。

>>ビットバンク(bitbank)で無料で口座開設<<

サブの国内取引所は、

>>ビットフライヤー(bitFlyer)

または

>>コインチェック(Coincheck)(口座開設と入金で2,500円が貰える、2022年6月30日まで)

AVAX(Avalanche/アバランチ)の概要と特徴

参照:Avalanche

AVAX(Avalanche/アバランチ)は、イーサリアムと同じようにスマートコントラクト機能を持ち、dApps(分散型プリケーション)、DeFi(分散型金融)、DEX(分散型取引)などのプラットフォームとして機能し、非常に高い性能を持っている。

AVXAは、2020年9月にリリースされたプロジェクトで、イーサリアムを超えることを目指した『イーサリアムキラー』として注目されている仮想通貨です。

AVAXのコンセプトは、イーサリアムが抱えるスケーラビリティ問題(ガス代の高騰、取引の遅延)を解決すること

アバランチの特徴は以下の5つ。

  • 非常に高い処理スペックを持つ
  • 有名な組織からの資金調達に成功している
  • イーサリアムと互換性がある
  • NFTの発行ができる
  • 価格上昇の仕組みがある

非常に高い処理スペックを持つ

AVAXのトランザクションスピードは秒間4,500件とされ、ビットコインの7件/秒、イーサリアムの14件/秒をはるかに凌駕します。

なぜAVAXの処理スピードがこれほど速いかというと、システムに3つのチェーンを採用しているからです。

  • ①:Xチェーン⇒取引を担う
  • ②:Cチェーン⇒契約を担う
  • ③:Pチェーン⇒ネットワークを担う

有名な組織からの資金調達に成功している

AVAXは、アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)、Galaxy Digital、Bitmainなどから約63億円の資金調達に成功している。

イーサリアムと互換性がある

アバランチはイーサリアムと互換性があります。

現況、ほとんどの仮想通貨が独自のブロックチェーンで動作するような仕組みとなっており、他のブロックチェーンと互換性がなく、ブロックチェーンが乱立するようになっています。(インターオペラビリティ問題)

アバランチには、ブリッジ機能があり、イーサリアムのブロックチェーンネットワーク(dAppsなど)をアバランチへと移動できます。

NFTの発行ができる

Avalancheでは、専用のウォレットを使ってNFTを発行することができます。

価格上昇の仕組みがある 

AVAXは、アバランチの利用で発生する手数料の一部でAVAXをバーン(焼却)することで、流通量を減らし、希少性を上げてAVAXの価値を上げる仕組みを内包しています。AVAXが使用されれば使用されるほどAVAXの価値が上がる仕組み。

仮想通貨AVAX(Avalanche/アバランチ)の現状

名称Avalanche/アバランチ
シンボルAVAX
価格(2022年4月現在)¥9,502
時価総額(2022年4月現在)¥2,544,177,216,135
時価総額ランキング(2022年4月現在)10位
購入できる取引所BinanceBybitなど       
詳細AVAX公式サイト

AVAX(Avalanche/アバランチ)の将来性

AVAX(Avalanche/アバランチ)の価格動向から

AVAXは、2021年8月中旬以降に急上昇し、2022年に入ってはヨコヨコを続けています。

DefiLlamaのデータによれば、本記事執筆時点で、アバランチのブロックチェーン上に運用のためにロックされた仮想通貨の総価値「TVL(Total Value Locked)」は、107億ドル相当(約1.4兆円)です。

出典:DefiLlama

ブロックチェーンごとに集計したTVLは、イーサリアム(ETH)がトップシェアを誇っていますが、アバランチは4位につけています。

出典:DefiLlama

AVAX(Avalanche/アバランチ)の購入方法

AVAX(Avalanche/アバランチ)は、国内取引所では購入できません。だから、以下の海外取引所で買う必要があります。

✔海外取引所

わたしは、BINANCEをメインで使っています。以下のような理由で。

  • 100種類以上の銘柄がある
  • DeFiに対応
  • NFTも扱う
  • 手数料が安い
  • ステーキング、レンディング、ローンチパッド・プールなど運用方法が豊富

これから、仮想通貨を触っていくうえで、BINANCEは必須の取引所になります。早めの口座開設をおすすめします。

あわせて読みたい

海外取引所でAVAX(Avalanche/アバランチ)を購入する場合、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

AVAX(Avalanche/アバランチ)を購入する手順

手順③のBINANCEでXRPをAVAXに変換するやり方は、

BINANCEのHomeの変換⇒振替元(XRP)、振替先(AVAX)で簡単にできます。

AVAX(Avalanche/アバランチ)の運用方法

わたしは、BINANCEの定期ステーキングで運用しています。

BINANCEの定期ステーキング

AVAXは上昇ありと考えているのでガチホ&定期ステーキングでインカム&キャピタルゲイン狙いです。

2022年4月現在

  • 定期ステーキング90日、年利21.63%:5 AVAX
  • 定期ステーキング60日、年利13.29%:3.253 AVAX

まとめ:AVAX(Avalanche/アバランチ)は有望なので保有の価値あり

仮想通貨AVAX(Avalanche/アバランチ)とは?概要、将来性、買い方や運用方法を解説しました。

AVAX(Avalanche/アバランチ)の購入と運用は、

でした。

国内取引所ランキング

1位:ビットバンク(bitbank)

bitbank

最安値取引、堅固なセキュリティー

  • 取引所の仮想通貨量多く、安い
  • XRPの取引量国内No.1
  • maker手数料は-0.02%

2位:ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer

ビットコイン取引量国内No.1

  • 仮想通貨取引量国内No.1
  • 1円からの積立投資が可能
  • 口座開設/維持費が0円

 

3位:コインチェック(Coincheck)

コインチェック

スマホアプリダウンロード数、ユーザー数が国内No.1

  • マネックスグループが運営
  • 取り扱い暗号資産国内最大級
  • 口座開設/維持費無料、初心者向け
  • この記事を書いた人

The 勤務医

勤務医×ブロガー。勤務医(外科医、産業医、弁護士法人顧問医)、仮想通貨、アメックス・マイル、副業を中心に発信します。

-仮想通貨