勤務医 医師転職

【医師必見】医師転職サイトが無料であなたにしてくれる4つのこと

医師転職

悩んでいる医師:医師転職サイトを利用しようか迷っています。『医師転職サイトは無料でありがたいことをやってくれる』という声もありますが本当ですか?具体的に教えてください。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • 医師転職サイトが無料であなた(医師)にしてくれる4つのこと

本記事の信頼性

勤務医ブログ管理人 The 勤務医:医師転職サイト7社に登録している。エージェントからSNSやスマホ、メール、face-to-faceで情報多数蓄積している。

医師の転職でおすすめの転職サイト7選

エムスリーキャリアエージェント|日本最大級の知名度:m3.com傘下の医師転職サイトなので案件が豊富。まずはここに登録しましょう。

Dr.転職なび|高品質で手堅い:コンサルタントは医療機関経営のスペシャリスト「医療経営士」の有資格者98.5%で固めています。

ドクタービジョン|対面面談がしやすい:好条件求人が多く、ドクターにはFace to Faceによる丁寧でミスマッチの少ない仕事紹介を心掛けている。

マイナビDOCTOR|人材サービス40年の実績:首都圏の高給な非公開求人の豊富さ では群を抜いた強みがあります。

民間医局|非正規雇用の求人数は豊富:『レジナビ』、『ドクターズマガジン』、『医師賠償責任保険』でも有名です。

JMC|親身な対応と独自の求人が魅力:他社にない独自の求人を保有し、親身で丁寧な対応が受けられるのがJMCの特徴です。

医師転職ドットコム|求人数が豊富:医療機関とのコネクションが深く、公開求人だけで3万件以上と圧倒的な求人数です。

✔ 複数の転職サイト(とりあえず3社)への登録が望ましいです。

医師転職サイトがあなたに無料でやってくれることは以下の4つです。

  • STEP1:面談(希望条件などのすり合わせ)
  • STEP2:求人の紹介
  • SPET3:選考中のサポート
  • SPET4:内定後のサポート

ひとつずつ深堀していきます。

STEP 1:面談(希望条件などのすり合わせ)

転職サイトに登録すると、担当者からメール・電話などで連絡があります。

その後時間を合わせて、対面もしくはWEB・電話で面談を行います。

私は、キャリアアドバイザーに、遠方からバイト先にわざわざ来てもらったことがあります。

そこでは、希望条件を伝え(いわゆるすり合わせ)ておきましょう。

  • どういった職種?(消化器外科医で専門医をとる、離島で僻地医療、などなど)
  • 年収(Around表記ー約1,500万円位とか)
  • 勤務地
  • 勤務形態(週4、週5、当直週1日OK、などなど)
  • ポスト

などなど。

キャリアアドバイザーは、頭の中にしっかりイメージができます。

私の場合も、その場で、かなり具体的な案件がキャリアアドバイザーから出てきました。

STEP 2:求人の紹介

面談の後は、ドクターの要望に合わせて求人を紹介してくれます。

要望に合った求人の中から、興味があるものがあれば、転職サイトが応募手続きを代行して行ってくれます

この時、転職サイトだから知っている病院の実情、募集背景なども踏まえながら提案をしてもらえます。

また、転職サイトの場合、ネット上などに公開されている公開求人の他に、ネット上には公開されない、伏せられている「非公開求人」も存在します。

SPET 3:選考中のサポート

転職サイトのキャリアアドバイザーは、応募書類(履歴書)の添削や面接対策など、選考を通過するためのサポートも行ってくれます。

転職市場でどのような経歴が評価されるのか、またそれはどう伝えれば良いかなど、具体的なところまでアドバイスしてくれます

病院との面接の日程調整なども、転職サイトの担当者に代行してもらうことができます。

普段仕事をしていてスケジューリングが難しいという方でも、柔軟に調整してもらえるので安心です。

※転職サイトを使わないと、面接や履歴書の対策、日程調整を全て1人で行わなければなりません。

SPET 4:内定後のサポート

選考に通過し、内定をもらったあとも、以下のようなサポートを受けられます。

  • 病院側との条件などの調整
  • 入職手続きの代行
  • 現職の退職交渉のアドバイス

内定が決まった後も入職するまでサポートしてくれるので、面倒な手続きなども自分でする必要はありません。

特に給与などのお金の相談は、直接しづらいものですが、転職サイトの担当者に伝えれば代わりに交渉・調整などを行ってくれます。

また、転職サイトの中には、入職後も困ったことがあれば気軽に連絡できる窓口を設けていることもあります。

※転職サイトを使わないと、入職手続きなどをすべて1人でやらなければならず、また病院の内情を事前に把握しづらい分、ミスマッチが起こりやすいです。

まとめ:医師転職サイトは無料でありがたいことをしてる

【必見】『医師転職サイトが無料であなたにしてくれる4つのこと』を解説しました。

医師の転職でおすすめの転職サイト7選

エムスリーキャリアエージェント|日本最大級の知名度:m3.com傘下の医師転職サイトなので案件が豊富。まずはここに登録しましょう。

Dr.転職なび|高品質で手堅い:コンサルタントは医療機関経営のスペシャリスト「医療経営士」の有資格者98.5%で固めています。

ドクタービジョン|対面面談がしやすい:好条件求人が多く、ドクターにはFace to Faceによる丁寧でミスマッチの少ない仕事紹介を心掛けている。

マイナビDOCTOR|人材サービス40年の実績:首都圏の高給な非公開求人の豊富さ では群を抜いた強みがあります。

民間医局|非正規雇用の求人数は豊富:『レジナビ』、『ドクターズマガジン』、『医師賠償責任保険』でも有名です。

JMC|親身な対応と独自の求人が魅力:他社にない独自の求人を保有し、親身で丁寧な対応が受けられるのがJMCの特徴です。

医師転職ドットコム|求人数が豊富:医療機関とのコネクションが深く、公開求人だけで3万件以上と圧倒的な求人数です。

✔ 複数の転職サイト(とりあえず3社)への登録が望ましいです。

今回は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。

あわせて読みたい
  • この記事を書いた人

The 勤務医

勤務医×ブロガー。勤務医(外科医、産業医、弁護士法人顧問医)、仮想通貨、アメックス・マイル、副業を中心に発信します。

-勤務医, 医師転職