医師転職 産業医

【Dr. 転職なび】嘱託産業医について突撃インタビュー&おすすめポイント

医師転職

嘱託産業医希望の方向け。

嘱託産業医をやっていこうと思います。「Dr.転職なびはよい!」と、ちまたの噂で聞いたんですが、本当ですか?本当だとしたら、どういうところが良いか具体的に教えてください。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • Dr.転職なびの基本情報
  • Dr.転職なび嘱託産業医インタビュー結果
  • Dr.転職なびおすすめポイント

本記事の信頼性

勤務医ブログ管理人 The 勤務医:産業医を取得するために産業医科大学の1週間コースに申し込んでいる。Dr.転職なびに登録し、突撃インタビューしました。

Dr.転職なび基本情報

Dr.転職なびは、株式会社エムステージが展開する医師転職支援サービスです。コンサルタントは医療機関経営のスペシャリスト「医療経営士」の有資格者98.5%で固めています。

多数の非公開案件を基に、医師転職サイトの王道を、高いクオリティで行うことをコンセプトとしています。Dr.転職なびは「高品質で手堅い」という印象で、大変安定感があります。

一方ニッチな領域、例えば「離島・過疎地域の求人」や「女性医師/高齢医師歓迎」などは弱いです。

Dr.転職なび嘱託産業医インタビュー結果

「もしもし、The 勤務医です。Dr.転職なびさんに嘱託産業医でお願いしようと思っています。」

「Dr.転職なびです。嘱託産業医ですね。最近は、嘱託産業医ご希望のドクターが多くて、需給バランスからは需要>供給です。でも、何とか致します。」
Dr.転職なびの人

そうなんです。現状、日本の医師の30万人のうち、10万人程が産業医を取得しています。そのうち、実働が3万人程とされています。嘱託産業医は、開業医は自院との相乗効果、勤務医は週1の研修日を利用してのバイト感覚で産業医をやっているので、需要>供給のようです。

「わかりました。現状厳しいですね。The 勤務医は今から産業医を取ろうとしている初心者なんです。しかも、法人を作って業務委託契約でと考えています。そこいらあたり、どうでしょうか?」

「初心者産業医さんですね。大丈夫です。まずは、統括産業医のいる大企業の支店で始められることをおすすめします。マニュアルがすべて揃っているので大丈夫ですよ。ただし、初心者産業医さんの場合は、月1、現場出勤1時間で2.5-3.0万円が相場です。経験値を上げていくことで報酬も上がっていきますので心配いりませんよ。衛生委員会や、面接、ストレスチェックなども、すべてマニュアル通りにやれば大丈夫です。法人としての業務委託契約もOKです。自社では3-4割のドクターは法人を作られ、嘱託産業医をされてらっしゃいます。あと、追加ですが、東京や名古屋、大阪、福岡はよく案件も出ますが、決定も早いです。登録されれば、メールまたはお電話で適宜お知らせしますが、いかがします?」
Dr.転職なびの人

「よ~くわかりました。いろいろありがとうございました。早速、登録でお願いします。」

結論:電話でDr.転職なびの方と、直で嘱託産業医の案件についてお話しされるのをおすすめします。

>>Dr.転職なび登録はこちら

Dr.転職なびおすすめポイント

おすすめできる人、できない人

Dr.転職なび、コンサルタントは医療経営士の資格を有し、全国対応の高いクオリティの医師転職サービス支援会社です。基本的にはどんな医師でも利用できますが、ここでは敢えてサービスの特徴を踏まえて、おすすめできる人、できない人を挙げてみます。

おすすめできる人

Dr.転職なびの最大の特徴は、コンサルタントが医療経営士の資格保有者であること、求人情報の「最新化」に努めていること、コンサルタントをドクターの希望によりセレクトできることなど、“至れり尽くせり”が希望のドクターにはおすすめです。全国どこでも、地域の情報を中心にメールで常勤・非常勤・スポット求人を随時提供してくれます。

嘱託産業医は、需要>供給です。Dr.転職なびに登録して、先生に合った案件があれば、メールor電話で迅速に連絡が可能ですので、嘱託産業医ご希望ドクターは、おすすめとなります。

また、産業医案件に携わっている職員は、産業カウンセラーなど、産業保健業務の資格保有者が多い(突撃インタビュー情報)です。

おすすめできない人

Dr.転職なびでは、全国区の求人を扱う一方で、マイナーな検索条件はカバーしていないことがあるようです。例えば、「離島勤務」であったり、「高齢医師歓迎」といった条件であったりと、細かな条件では対応していないケースもあります。

ただし、嘱託産業医案件は、全国的に情報をキャッチ(突撃インタビュー情報)しています。

まとめ:嘱託産業医ならDr.転職なび登録はあり

結論です。

嘱託産業医は、需要>供給なので、Dr.転職なびで登録し、先生に合った嘱託産業医の情報ソースとしての有効利用はありです。

>>Dr.転職なび登録はこちら

あわせて読みたい
  • この記事を書いた人

The 勤務医

勤務医×ブロガー。勤務医(外科医、産業医、弁護士法人顧問医)、仮想通貨、アメックス・マイル、副業を中心に発信します。

-医師転職, 産業医