副業 医師転職 医者・外科医

医師のスポットバイトのメリットと探し方!【おすすめ仲介サイト3選】

2021年7月24日

副業

医師のスポットバイト

後期研修医(専攻医)、若手医師、フリーランス医師の方向け

スポットバイトを探しています。サクッと自分に合ったスポットバイトを探せる方法を教えてください。

スポットサイトの上手な探し方やおすすめのスポットバイト仲介サイトを紹介します。この記事で問題は解決します。

まずスポットバイトとは?

定期の非常勤ではなく、フリーとなる休日や夜間に“ポチっ”と入れる単発バイトのことです。

流動性が高く、競争激しく、探し方と決め方にコツが必要です。

私は、特に若いころ、スポットバイトで暇な時間をかなりお金に換えてきました。まずは、メリットから。

スポットバイトの5つのメリット

スポットバイトメリット

医師スポットバイトの5つのメリットは、

  • ひまな時間を高額時給のお金に換えられる
  • 若手医師は、臨床修練の経験値を高められる
  • 合わなかったら、1回で止められる
  • 定期非常勤だったら、不都合な時も何とかしないといけない
  • 急ぎの案件は単価が高いことが多い

ひまな時間を高額時給のお金に換えられる

これが、メチャお得です。目的もなくぼんやり時間を過ごすのは、もったいないです。

ひまな時間を高額時給のお金に換えられるのは、医師免許があるがゆえの大きな参入障壁でもあり、これを活かさない手はないです。

スポットバイトは、高額時給に加えて、ざっと、

  • 浪費の削減
  • 学会・論文準備
  • 臨床修練
  • 読書、Webサイト、SNS発信
  • 医学の机上の勉強

など、いわば一石五鳥です。特に若手の医師には、やらない理由が無いように思います。

若手、独身の医師は、寝る場所(枕)が変わっても、睡眠の質にあまり支障はありませんよね。寝当直は最高です。

若手医師は、臨床修練の経験値を高められる

若手医師は、実地臨床を多く経験できます。

大学や市中の急性期病院とは違った、ウォークインの患者さんを最初から見れます。

わからないことがあれば、『今日の治療指針』や『治療薬マニュアル』で汗をかきながら、ひも解き、そこで得られた経験は、臨床医として大きな財産となります。

合わなかったら、1回で止められる

定期の非常勤だったら、1回の勤務で「もう止めます」は無理ですよね。

スポットバイトが、これがストレスなく、いとも簡単にできます。

バイト先は、すべてが合うとは限りません。そんな時は、余分なストレスをからうまでもなく、辞めた方が得策です。

定期非常勤だったら、不都合な時も何とかしないといけない

定期の非常勤の場合、受け持ちの患者さんの状態が悪くなったときや、学会などが重なった時に、やりくりに困ります。

契約先の病院にも迷惑をかけますし、何かと不都合が多いですよね。

スポットバイトは、あらかじめ空いた時間で、こちらの主導で予定を入れられるため、この辺は回避できます。

急ぎの案件は単価が高いことが多い

スポットバイト急募!とか時にあります。病院サイドの急な要望とか、最近ではコロナワクチン接種も単価が高いです。

急ぎの案件とは少し話がそれますが、ゴールデンウィーク、盆や年末年始も、通常の1.5倍、2倍とかよくある話です。

私も、若いころ、年末年始に、スポットバイト旅行なるものを入れていました。

スポットバイトの探し方

スポットバイトの探し方

スポットバイトの探し方は、大きく

  1. 医局がらみのローテーション、同僚・上司からの紹介、個人的な、つて
  2. 仲介サイト経由

の二つに絞られます。

1は医局に属している医師、地域に根差したネットワークの充実した医師。

2は医局に属さない医師、市中病院の専攻医、フリーランス医師のメインゲートです。まあ、医局に属していても、可能です。

スポットバイトを探すにあたって大事なことは、情報処理能力の高さレスポンスの早さです。

当たり前ですが、人気のある所から、速攻で埋まっていきます。

そのため、どうやったら、スポットバイトを効率的に探せるか?となると

スポットバイトが得意な仲介サイトを使う

複数のサイト(ただし3つまで)を使って情報量を増やす

事前に、希望の曜日や時間帯、内容(寝当直、健診、透析関連など)を伝え、担当者と懇意になっておく

職探しとなると、大手の転職サイト、医師の場合、m3.comなどが有名ですが、こういったところでは、常勤(転職)、バイト(定期)、スポットバイト(不定期)などがごちゃ混ぜになって、はっきり利用しにくいです。

複数のサイトを使って情報量を増やすのは重要ですが、スポットバイトでは仲介サイトを増やしすぎても意味はありません。丁度3つあたりが適当でしょう。

事前に、担当者に希望の案件を知らせておくと、情報量が絞られ、濃くなります。

そういったわけで、スポットバイトに限定した3つの仲介サイトを厳選しました。

その①・医師バイト専門:医師バイトドットコム

医師バイトドットコム

医師バイトドットコムは、バイトに特化したサイトです。

転職案件が無いため、検索が超しやすいです。

  • 業界トップクラスのバイトに特化した求人案件数
  • 1分程度で登録ができ、登録後はメールによって希望条件に沿った案件の連絡がくる
  • 日程調整や交渉の代行まで、経験豊富なエージェントが全てサポート

一つだけスポットバイトで登録するなら、まさにこれ「医師バイトドットコム

その②・スポットバイトが検索しやすい:民間医局

民間医局

民間医局は、レジナビでも有名で全国各地の好条件&非公開案件が豊富です。

医師賠償責任保険も受け付けていて、フリーランス医には一石二鳥です。

  • カレンダーや曜日、診療科や日当直、地域別に多くの案件から選択できる
  • 全国に案件が散らばっているので、旅行ついででもおすすめ
  • 古参のサイトで、会員になればドクターズマガジン(1冊500円)が毎月送られてくる

「医師賠償責任保険」、「ドクターズマガジン」付きの「民間医局

その③・激戦区関東圏に強い:マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORは、人材サービス40年の実績があり、「マイナビブランド」を基軸にしています。

常勤の転職もカバーしていますが、サイトの設計は、常勤、バイト、スポットバイトと分かれているので使いやすいです。

競争の多い首都圏が特に充実しています。

首都圏のドクターには特におすすめの「マイナビDOCTOR

スポットバイトを探すための上手なサイトの使い方

好きな時に、好きな内容の仕事を選べるというスポットバイトのいい所どりをするためには、選択肢を広げて、自分に合った案件が選ぶことです。

バイト求人サイトに、曜日、時間帯、勤務地、仕事内容などの希望条件を伝えておけば、

  • 良い求人があった場合にメールなどで連絡を貰う
  • 定期的に求人情報を送ってもらう

といったことも可能です。。

3つのサイトを利用して、情報を増やして効率的にゲットしましょう!

スポットバイト探しでおすすめ仲介サイトのまとめ

スポットバイトは、暇な時間を高額時給のお金に換えられる、自由度が高い案件です。

大事なことは、情報処理能力の高さとレスポンスの早さ。

おすすめは、

医師バイトドットコム(医師バイトに特化したサイト)

民間医局(医師賠償責任保険とドクターズマガジンあり)

マイナビDOCTOR(激戦区の関東圏に強い)

  • この記事を書いた人

The 勤務医

勤務医×ブロガー。勤務医(外科医、産業医、弁護士法人顧問医)、仮想通貨、アメックス・マイル、副業を中心に発信します。

-副業, 医師転職, 医者・外科医