医師転職

麻酔科医専門・医師転職エージェント【アネナビ】口コミと評判

2021年10月2日

医師転職

麻酔科医専門・医師転職エージェント【アネナビ】

麻酔科医の方向け。

麻酔科医専門の転職エージェントアナネビ」というのがあると聞いたんですが、本当ですか?どんな転職エージェントか教えてください。


こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  1. 麻酔科医専門の転職エージェント「アナネビ」とは?
  2. フリーランス、女性麻酔科医の方におすすめ
  3. 多角的に麻酔科医をやっていこうと思ってらっしゃる方

・本記事の信頼性

勤務医ブログ管理人 The 勤務医:外科医で、麻酔科医の技量を知り尽くしている。臨床麻酔の上手な先生は、導入、覚醒が早く、さりげなくbig surgeryを支えてくれます。非公開求人が多く、高時給単価の多い「アネナビ」登録は麻酔科の先生におすすめです。

The 勤務医は麻酔科の先生とながらく仕事で付き合っています。

上手な麻酔をかける先生は、予測して行動されています。出血したから、輸血をするのではなく、出血しそうな状況を察して、すでに準備をされています。

静脈確保、硬膜外麻酔、挿管、Aラインがよどみなく進みます。

麻酔科の先生は、ICUやHCUのマネージメントにも精通しています。

常勤医としてのキャリアもある一方で、フリーランスとしてのアクティビティもありかなと思います。

安心・安全の麻酔に徹して、複数病院との非常勤定期契約を結び、人生の主軸を麻酔という技術に起きながらも、QOLの幅を広げるといった選択、ママさんとの両立で高時給単価を極める、、、こういった選択もあります。

ここでは、麻酔科医に特化した転職エージェント「アネナビ」を解説します。

麻酔科医の転職ならアネナビが選ばれる3つの理由

麻酔科医の転職ならアネナビが選ばれる3つの理由

麻酔科に特化した医師転職エージェントは、「 アネナビ 」だけです。

麻酔科医は不足している病院も多く、需給バランスに熟知している特化型エージェントは強みがあります。

また、麻酔科医も、常勤医+バイト、フリーランス、ママさん麻酔科医、、、職務形態も多いです。

麻酔科の先生はとアネナビと、タッグを組んでいて損はないです。

約90%が非公開求人での転職

アネナビ の親会社はエムスリーキャリアです。もともと、非公開求人を多数保有しています。

非公開求人の理由としては、

役職付き求人のため、施設内の他の医師に知られたくない

突然の欠員のため、条件を上げてでも医師に来て欲しい

相場より好条件のため、実績のある会社に頼みたい

m3キャリア

転職支援満足度96.1%

転職支援満足度96.1%

この満足度の背景として、アネナビの担当者が、転職・非常勤希望の麻酔科医の条件を聞いた上に、医療機関に交渉するというステップがあるようです。

麻酔科専門のコンサルタントだけ

麻酔科専門のコンサルタントが、常勤、定期、スポット、待機案件を網羅的に取り扱っています。

例えば、定期非常勤案件、

やっぱり、麻酔科医は高時給単価です。週3日ほど、定期非常勤で年収2,000万はいけそうです。

また、交渉カードもいろいろあります。

いろいろな交渉カード

まとめ

麻酔科の先生は、麻酔科医特化型医師転職エージェントの「 アネナビ 」とタッグを組まれて損はないです。

今回は以上です。

  • この記事を書いた人

The 勤務医

勤務医×ブロガー。勤務医(外科医、産業医、弁護士法人顧問医)、仮想通貨、アメックス・マイル、副業を中心に発信します。

-医師転職