仮想通貨の始め方

【保存版】ビットバンク(bitbank)で口座開設する5つの手順【買い方まで】

2022年2月6日

仮想通貨の始め方

悩む人 「ビットバンクで口座開設したい...。仮想通貨を始めたい...。初心者でもわかるように教えてほしい!」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • ビットバンクで口座開設するメリット
  • ビットバンクで口座開設する5つの手順
  • ビットバンクで暗号資産を買う方法

本記事の信頼性

The 勤務医 投資は仮想通貨と米国株、不動産にフルコミット。仮想通貨国内取引所はbitbankファースト。

>>ビットバンクに登録・口座開設する

ビットバンク(bitbank)で口座開設するメリット

ズバリ、取引所で扱っている仮想通貨が多く、安く買えるから。

特にXRPは、日本1の取引量かつ手数料が激安のビットバンクの取引所で買うしか選択肢がない

暗号資産を安く買えます

暗号資産の買い方は、販売所と取引所の2通りあります。

取引所から買う方が絶対安いです。だから、取引所が充実している会社を選ぶのが第1です。

下図は、ビットバンク内の2022年2月6日午後12時50分の1ビットコイン(BTC)の価格を、取引所と販売所で比較したものです。実に71,705円の差があります。だから、販売所で暗号通貨を買っては絶対いけません。

ビットバンクは13種類の暗号資産を取引所で扱っています

スマホで簡単に操作できます

ビットバンクはスマホからの専用のアプリがあります。

専用アプリでは、TradingViewが使用できるので、初心者でも安心して、確実に取引を行うことができます。

セキュリティが高く、安心して使えます

ビットバンクは以下のようなセキュリティが整備されています。ハッキングなどセキュリティ被害に遭ったことはありません。

  • その①:二段認証...メールアドレスとパスワードに加え、認証アプリ上のコードによる確認を行うこと。
  • その②:コールドウォレット...インターネットから完全に切り離された環境で仮想通貨を保管。

他にも、「メイカーになると報酬が貰える」、「レンディングシステムがある」、「国内で唯一メイカー(MKR)を扱っている」などあります。

The 勤務医 国内取引所では、ビットバンクをメインで使っています。取引所でXRPを購入⇒BINANCEに送金⇒BTC、ETHに変換、またはBybitに送金⇒BitDAO(BIT)に変換のパターンが多いです。

青汁王子(三崎優太氏)もビットバンクおすすめしています。

>>ビットバンクに登録・口座開設する

ビットバンク(bitbank)で口座開設する5つの手順

手順は次の通り。

  • 手順①:公式サイトにアクセスし、メールアドレス入力、今すぐ無料口座開設をクリックする
  • 手順②:パスワードを決める
  • 手順③:基本情報の登録
  • 手順④:本人確認書類のアップロード
  • 手順⑤:二段間認証をする

手順①:公式サイトにアクセスし、メールアドレス入力、「今すぐ無料口座開設」をクリックする

まずは公式サイトにアクセスしましょう。(はじめは、Webブラウザから)

>>ビットバンクの公式サイト

アクセスしたら、メールアドレスを入力して、「今すぐ無料口座開設をする」をクリック。

ビットバンクからのメールにURLが貼り付けられているので、これをクリック。

手順②:パスワードを決める

パスワードを2回入力。

パスワードを2回入力し、同意のチェック、登録。

手順③:基本情報の登録

基本情報(名前、住所、生年月日など)を登録します。

基本情報登録が完了しました。

手順④:本人確認書類のアップロード(運転免許証+スマホ)

本人確認書類のアップロードに進みます。

スマホで本人確認します。運転免許証かマイナンバーカードを用意。

スマホでQRコードを読み取ります。

本人確認は4段階で完了

  1. 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード)を選択する
  2. 本人確認書類の表面と裏面、厚みの3種類の写真を撮影する
  3. ご自身の顔と本人確認書類を撮影する
  4. ご自身の顔を別角度から

アップロードする本人確認書類(運転免許証かマイナンバーカードの表面)を選択をし、「撮影する」ボタンをタップ。

撮影時のご注意のポップアップを確認しOKボタンを押した後、指示に従い運転免許証の表面を撮影。

以下、指示通り進めていくことで、

本人確認書類のアップロードは完了。

 本人確認が完了すると最短で即日取引が可能となります

※申し込み時間や審査状況によっては時間がかかる場合あり

手順⑤:二段階認証をする

利用する際には、必ず二段階認証の設定を忘れずに!

認証用アプリ(Google Authenticator)を読み込み、上図の手順で二段間認証は完了です。

以上でビットバンク取引の準備完了です。

ビットバンク(bitbank)で暗号資産を買う方法

結論:取引所(板取引)で買うのがおすすめ

理由:安く買えるから

手順は6つです。

  • 手順①:ペアを選ぶ(ここではXRP/JPY)
  • 手順②:指値(メイカー、ー0.02%)をクリック
  • 手順③:買いをクリック
  • 手順④:板を選ぶ
  • 手順⑤:緑の〇を100%にする
  • 手順⑥:注文をクリック

以上です。

手順①:ペアを選ぶ(ここではXRP/JPY)

ビットバンクの取引所で左上のペア(13種類)を選択し、ここではXRP/JPRを選択します。

理由は、

  • XRP(リップル)の取引量が日本1だから、約定が確実で早い
  • XRPの出金(送金)手数料が0.15XRP(13円くらい)と安い

手順②:指値(メイカー、ー0.02%)をクリック

ビットバンクの取引所(板取引)は、指値で買うと、0.02%貰えます。

だから、これを利用しない理由はありません。

手順③:買いをクリック

暗号資産は、基本、ガチホ(買って持ったままにすること)になりますので、普通、買いとなるから。

手順④:板を選ぶ

板の並びから、買いたい値をクリック。

そうすると指値価格に値がでます。

手順⑤:緑丸を100%にする

緑丸を右に100%となるようシフトさせると、ビットバンクに入金されている日本円で買えるXRPの総数が自然に表示される。

手順⑥:注文をクリック

注文をクリックすると発注され、あとは約定を待つまで。ビットバンクのXRPは取引量が世界1のため、約定も早いです。

注文をキャンセルしたい時は、キャンセルをクリック。

以上で、終了。

ビットバンクへの日本円入金

ビットバンクへの日本円の入金は下図

ビットバンクはGMOあおぞらネット銀行の口座を個人に振り分けますので、ここに振り込めばOK(24時間可能)

まとめ

仮想通貨取引で、販売所でのスプレッドや手数料として中抜きされるのは、非常にもったいないです。

国内取引所のビットバンク(bitbank)の取引所でXRPを買い、海外取引所のバイナンス(BINANCE)またはバイビット(Bybit)にXRPを送金して、海外取引所で運用するのが、“王道”です。

>>ビットバンクに登録・口座開設する

今回は、以上です。

あわせて読みたい

国内取引所ランキング

1位:ビットバンク(bitbank)

bitbank

最安値取引、堅固なセキュリティー

  • 取引所の仮想通貨量多く、安い
  • XRPの取引量国内No.1
  • maker手数料は-0.02%

2位:ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer

ビットコイン取引量国内No.1

  • 仮想通貨取引量国内No.1
  • 1円からの積立投資が可能
  • 口座開設/維持費が0円

 

3位:コインチェック(Coincheck)

コインチェック

スマホアプリダウンロード数、ユーザー数が国内No.1

  • マネックスグループが運営
  • 取り扱い暗号資産国内最大級
  • 口座開設/維持費無料、初心者向け
  • この記事を書いた人

The 勤務医

勤務医×ブロガー。勤務医(外科医、産業医、弁護士法人顧問医)、仮想通貨、アメックス・マイル、副業を中心に発信します。

-仮想通貨の始め方