仮想通貨の始め方

【保存版】コインチェック(Coincheck)で口座開設する5つの手順【買い方まで】

2022年3月9日

仮想通貨始め方


こんにちは、The 勤務医@The04916005)です。

このブログでは、コインチェックで口座開設する方法を5つの手順で解説しています。

悩む人:「コインチェックで口座開設したいです!今日は、買い方まで、わかりやすく教えてください!」

こんなお悩みを解決します。

本日の内容

  • コインチェックで口座開設するメリット
  • コインチェックで口座開設する5つの手順【5分でできる】
  • コインチェックでビットコインを買う方法

本記事の信頼性

勤務医ブログ管理人 The 勤務医 投資は仮想通貨と米国株、不動産にフルコミット。コインチェックは日本政府公認の仮想通貨取引所。取引所でBTCを買うか、出金先のJPY変換先として使っている。

コインチェックで口座開設するメリット

コインチェックの口座開設メリット3つ

  • 金融庁登録済の暗号資産交換業者(日本政府公認)であること
  • スマホアプリがダウンロード国内No.1、初心者向けで使いやすい
  • 取り扱い仮想通貨の種類が多い(2022年3月現在、18種類)

ほかにも、東証一部上場企業マネックスグループが運営、口座開設/維持費が0円、取引手数料が0円とかあります。

一方で、デメリットもあります。

コインチェックのデメリット

コインチェックのデメリット2つ

  • 販売所はスプレッドが広い
  • 取引所で買える暗号資産は、BTC、ETC(イーサリアムクラシック)、FCT(ファクトム)、MONA(モナコイン)、PLT(パレットトークン)のみ

コインチェックの用途は、

1.安心・安全目的で、取引所でビットコインを買う

2.ビットバンクセカンドとして、日本円の出金先として国内取引所に口座開設をしておく。

>>コインチェックの口座開設はこちら

コインチェックで口座開設する5つの手順【5分でできる】

コインチェックで口座開設する5つの手順は以下の通りです。

  • 手順①:公式サイトにアクセスする
  • 手順②:メールとパスワードの登録
  • 手順③:電話番号認証をする
  • 手順④:2段階認証をする
  • 手順⑤:本人確認をする

手順①:公式サイトにアクセスする

まずは、PCから公式サイトにアクセスします。

>>コインチェックの公式サイト

アクセスしたら「口座開設(無料)はこちら」をクリックします。

手順②:メールとパスワードの登録

1.「メール」「パスワード」を入力して「登録する」に進みます。

2.「確認メールを送信致しました」と表示されます。

3.メールが届くので、URLを開きます。

4.コインチェックにログインできました。

手順③:電話番号認証をする

1.コインチェック管理画面から、「アイコンマーク」の「電話番号認証」に進みます。

2.電話番号を入力して「SMSを送信する」をクリックします。

3.SMSが届くので、認証コードを入力します。

4.「電話番号認証済み」と表示されて手順は完了です。

手順④:2段階認証をする

1.「設定マーク⇒2段階認証⇒設定する」の順にクリックします。

2.メールを確認し、URLをクリックします。

3.QRコードを読み取り、出力された数字を入力します。

手順⑤:本人確認をする

1.アイコンマークから「本人確認」にすすみ、重要事項にチェックを入れ、承諾してサービスを利用する」をクリックします。

2.「アプリを使えない、現住所記載の書類をお持ちでない方はこちら」をクリックします。

※アプリ版は設定後インストールでOKです。

3.基本情報(本人確認書類と同じもの)を入力します。

4.本人確認書類をアップロードします。

本人確認書類

5.アップロードができたら「本人確認書類を提出する」をクリックします。

6.アップロード完了後、確認メールが届き本人確認のステップは終了です。

はがきを受け取る

1.コインチェックで本人確認が終了すると、1-3日ではがきが送られてきます。

2.はがきを受け取るとコインチェックからメールが来ます。

以上で、コインチェックの口座開設完了です。

>>コインチェックで口座開設する

コインチェックでビットコインを買う方法

コインチェックでビットコインを買う方法は以下の3つです。

  • その①:コインチェックに日本円を入金する
  • その②:販売所でビットコインを購入する
  • その③:取引所でビットコインを購入する

その①:コインチェックに日本円を入金する

1.コインチェックのメニューから「日本円の入金」をクリックします。

「GMOあおぞらネット銀行」か「住信SBIネット銀行」のどちらかになります。

その②:販売所でビットコインを購入する

コインチェック販売所では、0.001BTC以上で購入可能です。

1.「販売所(購入)」をクリックし、「BTC」を選択します。

2.BTCの数量を入力し、「購入」をクリックします。

※販売所でBTCを購入することはおすすめしません。

なぜなら、販売所はコインチェックから仮想通貨を買うわけで、取引所に比べて、明らかに高いからです。

上記の時、取引所では、0.001BTC=4,864円でした。

その③:取引所でビットコインを購入する

コインチェック取引所では、0.005BTC以上で購入可能です。

1.ホーム画面で取引所を選択します。

コインチェック取引所で購入できる仮想通貨は、

  • BTC(ビットコイン)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • FTC(ファクトム)
  • MONA(モナコイン)
  • PLT(パレットトークン)

BTC以外、馴染みがうすいので、コインチェックではビットコインの購入がおすすめです。

指値でレートを入れ、購入数(0.005BTC以上)、「注文する」をクリックでOKです。途中、キャンセルもできます。

まとめ

コインチェックで口座開設する手順を解説しました。

コインチェックは、

  1. 金融庁登録済の暗号資産交換業者(日本政府公認)であること
  2. スマホアプリがダウンロード国内No.1、初心者向けで使いやすい
  3. 取り扱い仮想通貨の種類が多い(2022年3月現在、18種類)

以上の3つのメリットから無料で口座開設はおすすめです。

BTCガチホならば、取引所での購入はおすすめです。

ただし、国内取引所No. 1のおすすめは、

ビットバンクと思います。

あわせて読みたい

コインチェックは、ビットコインを取引所でガチホまたは、バイナンス(BINANCE)バイビット(Bybit)などの海外取引所からの入金と日本円への変換先として、第2の国内取引所としての立ち位置で、口座開設をビットフライヤーと共におすすめします。

今回は、以上です。

あわせて読みたい

国内取引所ランキング

1位:ビットバンク(bitbank)

bitbank

最安値取引、堅固なセキュリティー

  • 取引所の仮想通貨量多く、安い
  • XRPの取引量国内No.1
  • maker手数料は-0.02%

2位:ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer

ビットコイン取引量国内No.1

  • 仮想通貨取引量国内No.1
  • 1円からの積立投資が可能
  • 口座開設/維持費が0円

 

3位:コインチェック(Coincheck)

コインチェック

スマホアプリダウンロード数、ユーザー数が国内No.1

  • マネックスグループが運営
  • 取り扱い暗号資産国内最大級
  • 口座開設/維持費無料、初心者向け
  • この記事を書いた人

The 勤務医

勤務医×ブロガー。勤務医(外科医、産業医、弁護士法人顧問医)、仮想通貨、アメックス・マイル、副業を中心に発信します。

-仮想通貨の始め方